フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

江ノ電再び

再度江ノ電。

P7290218 P7290225 P7290227

基本は単線ですが、駅や数箇所すれ違うポイントがあります。

なんだか場所柄かもしれないけど、かなり絵になる電車だと思います。ボディーのデザインも何種類かあって、橋の上から写真を撮る人もいました。

民家ギリギリを電車が通るってかなり面白いです。

ここでも発見

お金の神様銭洗い弁天で小銭をこれでもかってくらい洗いました。

タクシー運ちゃん曰く、洗うのは小銭だけでいいと。洗った小銭とお札を組み合わせて使うといいとのこと。

そして、ベンチで一休みして、池の鯉など見ていたら、長男が発見しましたよ・・・・

P7270155 ニホントカゲ。カナヘビしか捕まえたことの無い長男はどうしてもこのトカゲを捕まえたかったのですが、無理でした。

謎の生き物

材木座海岸で朝のお散歩をしていると、たくさんの貝ガラやコンブが打ち上げられてます。

打ち上げられたコンブを持ち上げたら、ウネウネウネ~と動く小さい生き物がいました・・・なんじゃこれ?P7280193

鎌首持ち上げてホッそい針状の口みたいのがあって・・・怖い!!!

大きさは5ミリくらい。分かりやすいように拾った貝ガラにくっ付けたら足を踏ん張って直立したり、礼したり・・・。

陸育ちの私、海の生物少しだけ恐れています。

2006年7月29日 (土)

江ノ電

江ノ電

小学生の時以来ものすごく久しぶりに江ノ電乗車しました。子供たちはグッズショップでおじいちゃんにいろいろ買ってもらいご満悦

2006年7月27日 (木)

カニ

カニ

姉が捕獲したカニ!さんざん子達に遊ばれたのち、めでたくリリースされました。

カニじゃなくてカイ

カニ

波打ち際で遊んでいるとアサリのような形の二枚貝の幼貝がうじゃうじゃうじゃっと顔をだす光景を初めてみました!なかなかすごかった!

材木座海岸

材木座海岸

実家の両親と姉一家と合同旅行!材木座海岸で遊ぶ様子!

2006年7月24日 (月)

ザリ釣り

個別面談が終了し、近所の同じクラスの一年生をアポ無しで誘い、同じクラス三人組とネコおんぶまんとザリ釣りに公園へ。

P7240102 P7240101

雨が降ったりやんだりだったけど、ばんばか釣れて楽しいの何の!!!

だれも水没することなく、無事帰還できました!すごいことだと思うよ!!水があればお約束で誰かじゃっぽ~んがあるはずなのに!

普段はお散歩の人が多く通る木桟橋だから、平日の雨の日は人通りが少なくて、結構自由に釣れました。あ~たのし!

かえる発見!!

長男の小学校ではじめての個別面談。私の小1のころより、格段に良い子みたいで安心したぞ!!!

ちょうど同じマンションで同じクラスのRた君も個別面談だったので一緒に行き帰りはカブト探しながらいつもの場所に行きました。

P7240105 P7240111

カブトじゃなくて、この子が見つかった!

このサイズのヒキガエルを見たの、私初めてかもしれないって位ナイスなサイズ。か~わいい~!!

その後、雨の中、ザリガニを釣りに森林公園へ!つづく

夏のバック

冬初めてバックをカギ針と毛糸で編んでみました。

夏も欲しい!ということで挑戦したのですが、途中まででギブアップ。見本のデザインもあまりよくなかったのでGODハンドを持つ母へバトンタッチ!

P7230085 P7230086

かなり可愛くしてもらいました。

青っぽいほうは材料費だけでも5000円はゆうに越えています。もし、店頭でこのバックを買うとしたらどれくらいなら買います?そ~です手編みは結構手間と時間とお金がかかるのです!

何故手編みまでしてバックを?と思うけど、何かに集中してるっていう時間がすきなのかもなぁ~。母はバ~っと編んでさささ~っと仕上げますが、必ず肩や首などが調子悪くなります。本職には向かないね~。

懐中電灯

夜の昆虫探しの必需品!懐中電灯!

昨日早速買いました。安値世界一のお店で。

P7230084 男どもが一人に1つずつ手に持って、「ボクはこれ」と。

え~!!1人1個買う気?結局買っちゃったんだけど。

HOW MUCH?口が裂けても言えないです、9千円で少しおつりが出たなんて。これプラス、携帯の充電器も買いましたが、それにしても・・・・・・。

振って発電するやつ、要らなかったかも。

クヌギ探しの旅

なんだかパっとしないお天気で、夫は多摩川に釣りに行くといい、子供を一緒に連れて行こうとしたら「僕は川には行きたくな~い!くぬぎの木を探しに行きたい!!」というのです。しかし、釣りに行く気マンマンの夫を引き止めるわけにいかず、私と子供たちで森林公園へGO!!

P7230081 ありましたよ!かちかち音をたてながら虫たちが樹液に群がってました。スズメバチがカブトを遠巻きにしてましたが、すきあらばいいポイントを陣取ろうとして、羽音を響かせてました。

しかし、この場所、夜には真っ暗で若者達がタムロしたりして、結構危険な場所らしいのです。

P7230080 森林公園の湿地の植物園の木桟橋にビッシリ黄色いおしゃもじみたいなきのこの仲間が生えてました。なかなか綺麗でしょ?

帰り道、湿った日には結構な確立で観察できるコウガイビルと出会い、ペットボトルケースを並べて撮影してみました。も~っと伸びます。P7230083

このヒルは血を吸わないんですって。

2006年7月22日 (土)

久々の多摩川

ほぼ1カ月ぶりに多摩川に遊びに行きました。

ず~っと雨ばっかりだったので、川はいつもより水かさが増してました。堰の下にはたくさんアユが跳ねており、それをおってきたと思うシーバスがたくさん釣れてました。結構大きかったですよ~!

稚魚が数匹すくえましたが、名前が分かりません・・・。

P7220060 P7220067

別サイトで鑑定してもらってます。

左:トウヨシノボリ右:オイカワとのことです。

そして、増水で勝率が高いエビちゃん。

P7220073

P7220076 左がスジエビ、右がミナミヌマエビ。

マーチングバンドの大会か、発表会があるのでしょうか、行進をしながら演奏の練習をしているグループが2つありました。

川モードから虫モードにシフトしてしまった息子達は「はやく暗くならないかなぁ~」とばかり言ってました。さ~てこれから虫捕りタイム、行って来るかな~・・・

2006年7月19日 (水)

淡水エビ比較

メダカを飼い始めたのは二年前大阪に一年だけすんでいた頃からです。公園の池でシロメダカとヒメダカをすくってきて飼いはじめました。アミに小さいエビも入ってきて同時に飼育してたところ、メスと思われるエビがお腹に卵を持っていました。それからエビにも興味が出てきて、いろんな種類も居ることがわかりました。

P7190057 このミナミヌマエビのおおもとは大阪の池のエビです。代々子孫を残しているのです。

P7190053

これは今すんでいる関東地方の大きな川の支流で採ったエビで、ミナミヌマエビとは背中の曲がり具合や目の付き方が違うと思って、別に飼っているものです。

ミナミヌマエビの生まれたての赤ちゃんは、ミナミヌマエビそのものの形をしていて、水草にくっ付いたり、水底を歩いたりしてます。

ヌカエビと思われるエビの赤ちゃんの産まれたばかりは、ふわ~ふわ~と中層を浮いているのです。そして、何かにぶつかるとその反動を利用してまた別のばしょへふわ~と行きます。淡水オンリーじゃ無理なのかなぁと思っていましたが、赤ちゃんヌカエビも結構大きくなってきてこのまま淡水で大丈夫そうです。

オタマジャクシと一緒でヌマエビの区別もあまりちゃんとつかないのです・・・。そこが悲しい・・・。

その後・・・。

やっぱり謎で紹介した謎タマの今朝。

P7190045 すっかり尻尾も残りわずかとなりました。

シュレな雰囲気ムンムンです。

ちなみに、昨日の午後は

P7180019 こんな立派な尻尾があったのです!!

2006年7月18日 (火)

豊年エビ

P7180028 P7180029

昨年の卵から孵ったと思われる豊年エビ。

昨年ヨシノボリのエサとして、田んぼから豊年エビを採って来てあげてました。その、ヨシノボリ達も居なくなり、水槽をリセットするときに底ジャリが不要になり、水を切って乾燥させて置いたのです。すると・・・嵐のような大雨で乾燥さていた筈のジャリ容器に水がたまり、いつのまにか豊年エビ3匹が湧いていました!!!

自然の神秘!素晴らしい!!

今年の4月ごろ、昨年カブトエビが湧いた田んぼの土を培養しましたが豊年エビのみしか発生しませんでした。なんとかして、今年もカブトエビの観察をしたいマニアックな専業主婦の独り言でした。

ホトケドジョウ

Na-kiさんのブログにホトケドジョウが載っていました。

雨でどこにも行かれないので、うちのホトケドジョウも観察ケースに入れて撮ってみました。

P7180025 P7180027

横向きと正面。結構コワイ顔してますね。

ちなみに稚魚はどんなの?

Photo_55 こんな感じです。

ホトケドジョウ、池や小川を泳いでいると、ドジョウというより、何か機敏なお魚って感じです。底というより、中層を泳いでます。それも群れで。高温にはかなり弱いです。

やっぱり謎

やっぱりわかりません。

P7180017 P7180018

同じ固体。少しアングルを変えて撮影。

やっぱりシュレでしょうか?この子は房総の田んぼで一匹だけうちにきた子です。

以前の某緑地で採った謎オタマは全てシュレでした。

光の加減で色が違って見えて絶対このオタマとあのオタマは違う種類だって思っても、全く同じカエルになったりして、ほんと不思議です。ヒキガエルは間違えないとおもんだけどなぁ~。

今日は絶対虫捕り行こう!って思ってたのに雨で行かれませんでした。

2006年7月17日 (月)

コラボTシャツ

ユニクロの企業コラボTシャツを買ってみました。

なぜならデザインがかえるちゃんだから・・・。

P7160014_1 P7160016_1

なかなかカエルが光っていておっしゃれ~!売り切れたら大変!!!と結構焦って買いに行ったのだけれど、バッリバリ在庫ありました。夫曰く、カエルに飛びつく人なんてあんまり居ないから大丈夫だよと・・・。そっか、そうだよね~・・・。

以前コストコでフロッシュの食器洗剤を買ったことがあり、なじみはありました。P7160013

日本の普通の食器洗剤になれていると、外国ものはどうも匂いがキツイのでなかなかリピートで使えないです。

やっぱり、日本の水にあった洗剤を使うのが一番なのかもしれません。

そういいつつも、洗濯洗剤はかなりドぎつい香の真っ青な液体を使ってるんですがね!

2006年7月16日 (日)

チビカエルの行方

ザリ釣り準備を某緑地でしていると、美しいママと可愛い女の子が通りかかり、「ママかえる放しちゃダメよ!!」と女の子。「分かったけど、このカエルちゃん弱ってるかも。。。」とママ。近くにいた私に手のひらの上陸したてのシュレーゲルアオガエル2匹を見せてくれました。確かに1匹は美しいママの手のひらで暖められひっくり返ってヒクヒクしてました・・・私は心の中でシクシクしてました・・・・。

ポッケには必ずナイロン袋が入っている私はそこら辺の葉っぱを水で濡らし、袋に入れ、「この中にカエルちゃん入れてください」とわたしました。美しいママは「このカエルちゃん何食べるんですか?」と。一通り飼育の仕方を教えてあげましたが、上陸したてで少し弱ったカエルちゃん美しいママの看病で持ち直すといいんだけど・・・。

そんな話をしていたら、あのぶっ飛んだ爺さんが「お!!これは食用がえるだ、こ~んなでっかくなるんだ」とチャチャ入れやがった!どうみてもウシガエルじゃないです!!といいたいのを我慢して、「へ~そうなんですか~」と大人な受け答えをしてみました!!

アジサイの葉の上のカタツムリが可愛かったのでUPします。

P7150003

2006年7月15日 (土)

ザリ釣り

お昼過ぎの激しい雷雨でテレビが写らなくなり、エレベータの照明がぶっとびました。すごいバリバリ音でしたもの!!!

雨も上がり、遊びに来ていた甥っ子姪っ子&ジジババとNGN母子で某緑地へザリ釣りに。P7150006

普段は穏やかな小さい水路も大増水していて、洪水状態でした。水もにごっていて、サキイカのエサに食いつくザリの姿は見えません。よくみると、すぐ手の届くところにザリが歩いていて、子達は竿を置き、素手で増水にビビって歩道に出たザリを捕獲してました。

すると、突然麦藁帽子の陽気なお爺さんが乱入してきて、半分壊れたアミで、「ザリガニはこうやって採るもんだ!!!」とザッブンと水路に入り、足とアミを上手に使いガサガサし始めました。ところがアミにはザリは入ってません。子達はばんばか素手でザリを捕まえます・・・。ん~爺さん、悔しいのか、「もう少し上の池にはウジャウジャいるよ」と。仕方なしに私たちも上の池とやらに行きましたが、そこで爺さんはおかしなことを口にしたのです。

「俺はさっきとったドジョウとデッカイオタマを生のまま喰ってみた」と。おいおい!!子供の前で言うなって!!

P7150007 どうみても、シュレかアマのオタマを「このオタマは食用ガエルのオタマだ!」と言い張ったり、どうみてもシュレーゲルアオガエルのチビガエルなのに、このカエルは食用ガエルだと言い張ったり・・・。

私たち一行から絶対離れないんです。いろいろ話をしているけど、あまり脈略がなく・・・。困ったなぁ~付いてくるんだよね。

そして、ちょっと「まこう」かとおもい、ゆっくりゆっくり、いろいろみながら歩いて、噴水まで行ったら、なんと、爺さん死にかけたカモの子供を噴水前で抱っこしているではないか!!!「慣れてるんだ」だと!!!おい!!違うよ、爺さんそれ弱ってるんだよ・・・。

なんだか恐くなった私たちはちょっと重い気分のまま某緑地を去りました。もしかしたら、夕方の幻を見たのかもしれません。

2006年7月14日 (金)

プール

M家ままのご好意でプール遊びさせていただきました!

でっかいプールで楽しかった!!

Photo_54 今日は異様に暑く、子達はジャバジャバ派手に遊んでました。

やっぱりお水遊びはダイナミックにやるのが楽しいね。

キック!

キック!

昨日の夕方くぬぎの木の下見に森へ。下見は大事とよくトトロの森に住む父が言ってました。      

前に長い竿網を持っていたオジサマに教えてもらったくぬぎの木を見に行ったところ、上のほうに樹液ポイントが!お目当てはいないけど長男の(本人曰く)超スーパーキックをしたら、パサッと何かが落下してきました。

おおお!!ノコクワじゃん!それもでっかい!長男は興奮状態になり肩をいからせ、跳ねるような地に足が着いてないような歩き方になりワンオクターブ声も高くなっちゃって・・・。子の純粋な喜び方は親を喜ばせるためにあるのかというくらい、可愛い!!

夏の楽しみをあと何年一緒に味わえるかな?

2006年7月13日 (木)

かぶと

かぶと

昨晩かぶとさがしにでかけました。        先客がいました。お父さんと子三人。お父さんは特製3メートル網を手に樹の上のほうのカブを採ってました! M家まま、宅くんと遭遇しました。未知との遭遇の『ちゃーらーらーらーらー』って音楽が聞こえてきました。あ!私の頭の中だけだった。かなり宅でした。

↑モブログってやつに挑戦しました。携帯から投稿するんです。携帯カメラが壊れていたのですが、docomoに行って直してというか、取り替えてきました。

やもりの卵

ブログメンテナンス中に飼育中のニホンヤモリが二度目の産卵をしました。前の産卵からきっかり1カ月後に。

Photo_52 前回の6/11に産まれた卵は二つとも正常らしく、中で確実に生命の息吹が聞こえるような色になってきました。堂々とした感じでしょ?

今回産まれた卵、発見したときには既に一個がひび割れてました。死んでしまっている卵どうすりゃういいのだろう・・・。

先日空き地でコオロギ狩りをしていたら、近所の子達やママ達が手伝ってくれて大人アマガエルとシュレちゃん、ムクムク太ってきました。皆さんありがとう!

コオロギは地面近くにいるのでアミを地面に擦り付けながらすくう感じなのでアミがクニャっとなります。予備に100均で二つほどストックしておきました。そして、私の右手にはアミマメが・・・・。

え~!!ペンダコとか包丁タコとかじゃなくて、アミ?やばすぎです。

2006年7月10日 (月)

房総で観察した生き物

私にとってはこっちがメインだったのか?ってくらい、厳選して観察した生き物たちの写真です。

P7100188 P7100189

P7100193 この子は色が薄いんです・・・。

P7100198 P7100200

小さいやせこけた爪楊枝のようなドジョウも一匹捕まえましたが、暴れるためブレていい写真が撮れませんでした。シマドジョウか、もっと珍しいドジョウか、ただのドジョウかこれも大きくなるのが楽しみです。

一泊旅行:日曜日

外房の御宿で一泊(素泊まり!)して鴨川シーワールドに行く予定でした、が!!、あまりにも素敵な田園風景を目の前に立ち寄らない訳には行かなくなりました!

P7090155 畦を1歩歩くごとに、小さい上陸したてのアマガエルやヤマニホンアカガエルがピョンピョン跳ねまくってもう私と子供たちは興奮状態!!

P7090154_1 P7090157

かわいいのなんの!!

P7090164

青年(?)ニホンヤマアカガエル。かっこいいでしょ。

P7090167_1

コンクリ固めではない用水路に感激!

P7090176 ちゃんと行きましたよ!シーワールドにも。このシロイルカは「アブク」という芸をしているところです。賢い!!

P7090184 自宅に帰る途中にもわき道に行き沢や沼や田んぼを探しながらあてどの無い旅を楽しみました。青サワガニ初めて見ました。

niftyのブログサービスがメンテナンスを2日間するそうです。そのためか、今現在はとっても重くて、更新がなかなか進みません。コメント下さってエラーが出てしまった場合、7/13以降ならスムーズに受け付けられることと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

画像もずれちゃって・・・。直すにも画面が真っ白になって・・・。

スイマセン。

一泊旅行:土曜日

週末、長男のお誕生日記念で一泊旅行してきました。以前に書いた「すごい企画」のことですね。初日の土曜日はディズニーランド!!

長男には現地に着くまで内緒にしていたので、現地に到着したときは大変喜びました、が、駐車場から入り口までが長い長い!!!

やっと到着した入場口でお兄さんに「お誕生日」ということを告げると丸いシールにお誕生日おめでとう!と書いてあり、それを目立つところに貼っておくと、気付いた園内のスタッフからいたるところで「おめでとう!」って言われるんです。

P7080137_1 暑い日には、霧吹きの霧がぶわ~っと出る涼しいポイントが何箇所か現れます。これが涼しい!!そして、NGN家お決まりの全身ビショビショ状態になっちゃう訳ですが・・・。 

P7080136 地面の何気ないところにもミッキーが潜んでます。

P7080149 人込みとエンターティナーに少し疲れて早めに園を出ました。

車に乗ったところでこの状態になりました。いっぱい歩き長時間並び、子供にはちょっとハードだったカナと思いましたが、いい思い出になったらいいなって思ってます。

翌日は待ちに待った田んぼ探索編!!!

2006年7月 7日 (金)

公園続き

Photo_49 Photo_50 Photo_51

トンボや蝶が結構な密度で飛び回ってました。

今日は大掛かりな草刈や伸びた木の伐採などをしてました。

湿生植物園は涼しい感じがしますが、次男が木桟橋の端っこを水辺を覗きながら歩くので、ヒヤヒヤしながらのお散歩でした。

これでオタマジャクシが数種類泳いでいれば完璧なお散歩になったのに!!

2006年7月 6日 (木)

公園

なにか目新しいオタマジャクシはいないかなぁと、

動植物採取禁止の公園に行きました。アミは持って行きませんでした。

早春にはヒキガエルとニホンアカガエルが同時期に産卵をしていた場所に行ってみましたが、全く何のオタマジャクシも見当たりませんでした。

なんだかとってもガックリしたのですが、綺麗な草花に癒されました。

Photo_46 Photo_47

Photo_48

もう少し画像があるのですが、net環境がかなり重くなってるので、これが解消したら随時UPしていきたいと思います。

夜のアマガエル

昨日、やっと見ることができました!

Photo_44 カエルハンターの長男が発見!

鳴き声は人の気配で一瞬にして消え、

人が遠ざかるとまた大合唱が・・・。

なんて可愛いのだろう!!

2006年7月 4日 (火)

部屋の水槽

部屋水槽にはヒメダカ、クロメダカ、シロメダカの3色のメダカが泳いでます。そして、ミナミヌマエビが増えに増えて数え切れない!

P7040047 Photo_43

Photo_45 外の放置水槽で見つかったシマドジョウもすっかり部屋の水槽の住人になりました!綺麗な模様だ!

シュレーゲルアオガエル

Photo_39 大人のシュレーゲルアオガエルのこの皮膚のテカテカ感が涼しげでしょう・・・。この子達の鳴き声は「コリコリコリコリ」って聞こえます。顔がシャープで、目が金色なんです。

捕獲してから約1カ月、やっと人前でもエサを食べるようになりました。

主のでっかいアマガエルがドッタンバッタンしてエサに喰いついているのを涼しい顔で知らんぷりしてたのですが、さすがに美味しそうな初夏の虫を目の前に触手が動いたようです。

Photo_40 Photo_41

←は大人シュレーゲルと同じ場所にいたオタマから育てたシュレーゲル。エサはバクバク食べてとてもかわいい!!既に独特の皮膚の光沢感があって、いい!!

Photo_42 このオタマも同じ場所のだけど、どうもシュレーゲルやアマガエルのオタマとは違う気がします。どんなカエルちゃんになるか楽しみ!!

2006年7月 3日 (月)

プラナリア

Photo_37 水槽のガラス面を滑るように移動する憎いヤツ、プラナリア。

私はこいつとの戦いに敗れ、こいつはいろいろな水槽でのさばっています。

しかし、こいつにも敵がいます。ヌマチチブ君です。

Photo_36 このヌマチチブ君は獰猛で何でも食べます。

プラナリアを見つけ、スポイトで吸ってヌマチチブの待つ金魚鉢に入れてやると面白いほど食いついてきます。

あんな顔して人を笑わそうとしているのでしょうか?

3歳の次男はまだ日本語も片言の時期に「プラナリア」としっかり発音できました。マニアックな語彙ばっかり増えていく気がします。

某緑地にて

某緑地で実がたわわになっている木がありました。

見るからに美味しそうな木の実、カラスがバッサバサ何匹も群がって食べてました。さすがに病み上がりの息子達には食べさせませんでしたが。

Photo_34 Photo_35

いっぱい落ちてました。甘い香りが漂ってました。・・・ということは・・・夜はお目当ての虫が集まるのかしら?

ご心配おかけしました

皆様ご心配おかけしましたが、兄弟は順調に回復しました。

今日激混みの小児科を終了し、そのまま家に帰るのももったいないのでチョロっとランチをして、某緑地へお散歩しに行きました。

あれれ?お散歩のはずなのに手にはタモとバケツが!!おやおや、見る見る間に小魚やオタマジャクシが!ん~おかしいなぁ~お散歩のはずなのに。弱気になっていた長男は俄然元気になり始め、「帰りたくない!」と下あごを梅干の種みたいにして主張してました。

そして、帰宅後、エサ不足のカナヘビちゃんと昨年春に上陸したアマガエル8匹を草むらに逃がしてあげました。

(だってオタマジャクシ10匹くらい採ってきちゃったんだもん。)

(それも3種類くらいいるんだよね、オタマ。カエルになるのが楽しみだ!)

2006年7月 2日 (日)

よくある風景

この地域ではあんまりポピュラーではないですが、ヤモリといえば、このポーズでしょうか。

Photo_33 このやもちゃん、またお腹に卵らしきものが透けて見えるんですよね~・・・。

また産んじゃいますか?R君達のままにプレゼントしようかしら?こうして、虫捕り仲間を増やせば、一人でアミを振るわなくても大丈夫だしね。M家ままも虫必要だと思うし(カエルをオタマから育てている)。

2006年7月 1日 (土)

すごい企画

すごいったって、たいした事無いんだけど、もう少しで長男のお誕生日が来ます。最近やっとお誕生日の意味が分かってきた長男。いろいろサプライズを企画してみました。

お誕生日記念!!千葉方面素泊までGO !!

素泊まりがかなり貧相に聞こえますね・・・。その理由は、初日にミッキーやミニーに会いに行くのでどうしてもその日に泊まりたいとなれば泊まるところで夕飯は無理なんです。で、翌日は房総半島の外側のシャチがいるシーワールドに行きます。

当の本人には一言もこの企画は言ってないのです。

しか~し!!昨日ミッキーやミニーの入場券をオンラインで頼んで宅配のお兄さんが持ってきてくれたんだけど、私が代引き料金を用意している間、そのお兄さん次男に「いいね~ディズニーランド行くの?」って言いやがった!!!次男もポカンとしてたよ!長男はその場にいなかったからセーフ。

またその宅配業者もお間抜けな間違いをしてたのです。まぁ、全くたいした事無いんだけど、一回目来てくれたとき、不在にしてしまい、不在届が入ってました。その不在届のどこからの届け物かの欄に「デイズーリゾート様」って書いてありました。

今の時代、なんでもオンラインで予約や問い合わせができてほんと助かってます。

おたふく疑惑その後

先日の次男オタフク疑惑ですが、先週の金曜日にオタフクの抗体を調べるために血液を採りました。そして、6/30(金)に結果が出たわけですが、オタフクの抗体はありませんでした。ただの耳下腺炎でした。

そんなこんなで小児科に頻繁に行っていたので別の風邪をもらってしまい今週は熱咳でまた小児科受診の日々でした・・・。

虫捕りも今週はできませんでした。アブラムシ付きの草をバサっとケースに入れておきました。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »