フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

« 島での日々 | トップページ | 新作 »

2008年9月 7日 (日)

たまには都会に

都会には魔物が住んでいるのでしょうか。

夫カズオが渋谷の上州屋(釣具屋)に行きたいというので、ついでに話題の赤坂サカスでも見に行っちゃうって事で、赤坂サカス →渋谷→帰宅というルートで出かけることにしました。いつもは車移動なのですが、都内は駐車料金が高いので電車で行きました・・・これが間違いのもとでしたwobbly

P9071380P9071383  まず赤坂サカスにつながる駅の階段が電飾されていてピカピカしてました。

P9071382 特設コーナーに「森で働こう」キャンペーンがあり、ちょっとした積み木コーナーで遊ぶ子供達。

P9071384

上から涼しげな霧が出ている廊下。じっとしていると涼しくもなんともないのですが、歩くと、とても涼しい!!

P9071385 ありましたよ、特大ウルトラマン!!P9071387

思ったより面白くなかったと泣く5歳児。

予定通り赤坂の次に渋谷に向かい、釣具を買い、帰りの東急田園都市線に乗り込みました。途中の用賀駅で突然電車が動かなくなってしまいました。

夕立の落雷の影響で、東急線全線がストップしてしまい、復旧の見通しも立たないとのことでした。とりあえず、お腹もすいたし、用賀駅で下車し、駅ビルで腹ごしらえをして、電車の復旧を待ちましたが、全く目処立たず・・・・

P9071390 人生初!「振替乗車券」をもらいました。バスと電車を乗り継ぎ家にたどり着くことが出来ました。

電車が使えなくなった場合、今回の場合は比較的家から近い場所での振替乗車でしたが、土地勘のない場所だったら・・・・・・恐ろしいです。これまた恐ろしいほどの方向音痴の長男に地図の読み方を教えておかないとと思った出来事でした。

« 島での日々 | トップページ | 新作 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なかなかオモシロタイヘンだったようですね。
私も先日、バスのもう無い時間に止まっちゃって、
振替してもらったって、使いみち無いですって。
雷雨の中、路頭に迷っていましたよ。

お宅の5歳児は大自然での遊びの醍醐味を知っている子だからとってつけたような体験コーナーなんてつまんないはずよね。
電車が不通になるほどの天候だったんだね
バスなんて乗り方もよくわからないから私なら泣いちゃうかも。オリンピックと都会には魔物が潜むって覚えておくよ。

Na-kiさん、バスの時間がもうない時に振替乗車券ほど無駄なものはないですよね~。んで、そのときはどうやってお帰りになったんでしょうか?足に自信のあるNa-kiさんなら徒歩で帰ったと思うのですが・・・。

げんさん、次男はね、もっと楽しいところと思ったようです。お台場冒険王とかをテレビでみていて、たぶんああいうお祭り的なのを期待してたんでしょうね。あまりにおとなっぽすぎて訳分からなくなたのでしょうね。

長男は、「ぼく、都会は無理だ・・・早く田舎の空気を吸いたい」って銀座線の電車の中で言ってました。どんだけ田舎者なのでしょうか・・・彼は・・。

ちょーなんくん
都会はムリっすか^w^
さすがです。
某テーマパークに行く際も
今度はぜひ、網と釣具持参で^^v

きみどりさん、ほんと、長男の遊び方はモロ野生そのものなんですよ。人ごみの歩き方を知らないようで、それだけで疲れてしまうようです。

次男はIKEAのほうが楽しいかもとか、港北のデパートのほうが可愛いぬいぐるみがあるとか、そんなことばっかり言ってますcrying

20kmくらいマジで歩こうかと思った矢先、
収まっていた雷がまた鳴り出しちゃったです。
以前3000mの稜線上で、死ぬ思い(多分)をしてからというもの、
雷は室内から眺めるものだと誓いました^^;
駅で雨宿りをしていたら、1時間もしないうちに電車がちょっとづつ動き出したので、何回も乗り換えるようにまるでシャクトリムシみたいにして帰りましたとさ。

Na-kiさん、なんか、精神的に疲れますよね、その歩こうかな、いや雷またなり始めたぞな感じが。
やはり首都圏やベッドタウンは自然災害に滅法よわいですよね~。

今週はどうやら雷の心配がないみたいですね。

こりゃ、災難でしたね。自分は、通学で乗っていた
地下鉄に飛び込まれて、途中でストップ。snail 
外で途方にくれているとサラリーマンの方にお声を
かけてもらい、タクシーに同乗させて貰いました。
     
そそ、自分も子供の頃は長男君と同じような感じ。
繁華街やイベントには興味が全然ありませんでした。
親父と一緒に野山に行くのが楽しかったsign03

えぞっ子さん、飛び込みで止まっちゃうのもきついですよね~。駅と駅の間で閉じ込められたら、これまた大変ですよね。
今回は駅と駅の間に電車が止まるのを避けるために、運転を見合わせているといった感じの時間が長かったです。

長男は、赤坂に行こうよっていってたら、「そこってザリガニいる?」って真面目な顔で聞くような子です・・・ほんと参っちゃいます。

始めて行く場所の判断基準が「ザリガニ」棲息の有無というのは素ん晴らしいですね。
こうなるともう絶滅危惧種ですから、大切に保護しなきゃいけないですね。

Na-kiさん、今はいいですよ、長男のこの基準は・・・でも社会人になったら、ザリガニの生息する環境で働ける人はあまり居ないと思うんですよ。コンクリートジャングル(表現古すぎ?)で働いていくことは出来るのでしょうか・・・・。

逆に次男は、コンビニ、デパート、過ごし易い気候、楽しいといったキーワードな場所が大好きなシチーボーイなんですよ。

いやいやそんな仕事もありますよきっと。今からなら充分探せますよ。
最近、人ごみの中を歩くのが疲れるというより苦痛になって来ましたよ。
アスファルトより土の上を歩きたい。
冷房より木陰で涼を取る方が心地よいと感じるようになりました。
フト気付くと吸盤が・・・。

Na-kiさん、まさに専業主婦の生活ですよ、それって!!乾燥してきたら、お腹から水を吸収するようになったら出来上がりですね。
本音をいうと、野山をかけまわりながら家族をじゅうぶん養える仕事についてくれたらと、ついつい考えてしまいます

ターザン・・って「職業」になりませんよね。

げんさん、ざ・・ざ・・残念ながら、ターザンの収入源が何か全く想像がつきません。しかしですよ、あの身体能力があれば、サスケに出場し、ファイナルステージクリアして一躍有名人になることも可能ですよね。

あ、あの、ターザンってだけで充分有名人だと思いますが・・・。
まっ、日本だとチータを連れて正月に荒稼ぎが出来るかと。^^;

Na-kiさん、筋トレもターザン仕様にぶら下がり系の筋肉と、獲物仕留めようの〆技と、吹き矢や槍投げのような総合的体作りを長男に提案しておきます。これで彼の将来の野山を駆け回るお仕事が実現できそうです。

ああ〜〜っ、あの日ですかぁ。等々力駅前でザーザー降りの中、踏切の遮断機が降りたままで通れず・・・大井町線の反対側に行きたいのに行けず・・・幾つか他の踏切に回ってみても駄目で、目黒通りに回ってやっと環八方面に出る事が出来ましたよ。原チャリだったので、ずぶ濡れでした・・・(;´д`)

渓さんそ~ですそ~ですあの日です。東急線全線で運転を見合わせてますって車内放送で何度も言ってました。
腹ごしらえしたファーストキッチンですが、ちょっと軽食なんて思ってたら、4人で結構な値段になってしまい、軽くびびってしまいました。
渓さんもずぶぬれ原チャリで寒かったのではないでしょうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181732/42410123

この記事へのトラックバック一覧です: たまには都会に:

« 島での日々 | トップページ | 新作 »