フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

« 帰省:海の幸 編 | トップページ | すでに春は来ているようです。 »

2009年1月 5日 (月)

帰省:山の冒険編

帰省して、何度か山を登っています。その途中に、湿地があり、いい感じにうっそうとしている場所があるのです。それを3年前くらいに知ったのです。そして、義父母にお願いしてその場所に案内してもらうことにしました。

私が3年前に見たのは山側の湿地で、今回は海側の湿地にいってみようと、義父が用意しているものは、ナタとノコギリでした。え~~!!どんだけ!!

われわれ9人の勇者達は幻とさえ言われている湿地に向かい山を登り始めました。P1020026 P1020025 P1020027

朽ちた木を渡してロープの張られた危険な橋・・・この橋の下は底が見えないほどの谷にはなっておらず、50cmくらい深くなった枯れた水路のような場所です。途中、いつもは船で行く夏に海水浴をする秘密の海岸も望めました。

一山二山越えたでしょうか、海岸に出ました。ここには大量の野球ボールが漂着しておりました。あと、イカの骨(サーフボードの形の白いやつ)が落ちており、なぜかそればっかり拾ってしまいました。誰かもらって・・・。P1020030

そして、とうとう幻の湿地にとうちゃくしました!!!!!P1020028

P1020029

ぽっか~ん(・_・)エッ....?み・み・水は?島の航空地図では満々に水を湛えていたではないか?う~ん・・・でも確かにそこは湿地だったようで、しばらく立っていると水が染み出してくるのです。それもとてもヘドロの臭いのする。

カモやサギも飛び立ったので、確かに水はあるのでしょうが、広大な湿地で、奥に行くのは危険もあるし、足場が悪いので行けません。義父情報ではウナギもいるとのことなんですが、アミも入らないほど草が折り重なり、どうにもこうにも生き物を採集する状況ではありません。せっかく長い柄のアミとキムチの容器を持ってきたのに・・・・・・。

ということで、また来た道をトボトボ、口数も少なく、うっそうとシダの生い茂る山道を引き返しました。P1020031 P1020033 なぜか皆私と目を合わせないのは、「湿地湿地って水ね~じゃんかよ!」と心の中で思っていたのでしょう・・・。はぁ~3年越しの夢が見事に打ち砕かれた探検になってしまいました。

今度は地図にも載らない小さい湿地がどこか近場に無いかどうか、義父母に探索しておいてもらおうと企んでいます。

« 帰省:海の幸 編 | トップページ | すでに春は来ているようです。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新年早々からやってますね~
夢砕けたのも今の季節だからじゃない?
夏や雨期には見事な湿地帯になるかもよ。
草ボーボーで蛇のいる夏に踏み入る勇気があればの話だけどね。無言の帰還でもトライした一行に拍手だね。

なかなかの冒険活劇という風情で、
わくわくして読んでいましたよ。
まぁ、カエルシーズンとなれば、蛇も沢山いそうで危険と隣りあわせということでしょうね。

今時期だったら、こんなものかもしれないですね。
札幌近郊の湿地も、去年の秋はこんな感じで面白みが
全くありませんでした。
ただ、湿地は草原に見えても迂闊に歩けない危険性が
あるので、これで正解だったかもしれません。

げんさん、ほんとね、航空写真では見事なんですよ、水のたまり具合が。で、危険なロープを張ったような橋の下はいい感じの小川な感じな跡なんですよ・・・・。
ヘビがね~~~~マムシがいるんだそうですよ・・・。

Na-kiさん、ほんと、人があまり行かないということは、ヘビもたくさんいるんだと思います。カズオが子供の頃は、家から徒歩圏で水生昆虫や、イモリやカエルがいたそうなんで、必ず、幻の池にも何かいると思うんですよ。どうにかならないかな~~~~って未だに考えてしまいます。

えぞっ子さん、ほんと、ズブズブっとスネまで埋まってしまう場所もあったんですよ。でも、カモやサギが飛び立ったので、軽く水がたまっている場所もあったのでしょうね。

夏はどんな場所を攻めようかカズオの古い記憶をたどってみたいと思います。

最後の写真、皆さんの表情がいい。
次男は次難をひとつ乗り越えた、大人の瞑想に入っています。

次男の次難に立ち向かった後に、ノコギリを前に瞑想しています・・・ヤツはず~~っとこのノコギリで悪さをしようとたくらんでいたのです。

今日仕事が遅番だったから、寝付きが悪いかも。で、とりあえずここに寄り道。

メダカのページにある、古井戸のトノサマガエル。愛媛では見かけなくなりました。
かといって、卵から育てるほどの興味話し。
Nがの家の飼育状況が最近報告されていませんが、最近はどうなんでしょう?
前に巨大水槽でアロワナ君がいたような。
このHPの何処かにあったっけ。

ポリーさん、カエルたちは冬あまり動きがないんですよね~。青いカエルたちのケースはエサのハエがブンブン飛び回り、長男のお友達が「ちょっと気持ち悪い」とポツりといいました。
アロワナはカエル友達のヨンケロのお宅の特注水槽で今でも悠々と泳いでます。見るたびに大きくなります。なんでも、ヨンケロ家で飼われているインコを狙っているとか・・・。こわいこわい

私も、みんなから狙われているんですよ。
今日も遅くなってしまいました。
そろそろ寝ます。

ポリーさん、でしょうね~~!
今日ダルビッシュを見ました。二岡は見られなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181732/43649224

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省:山の冒険編:

« 帰省:海の幸 編 | トップページ | すでに春は来ているようです。 »