フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月20日 (金)

発音と文字

文字を書くことがとっても苦手な次男(小1)、すでに漢字を習っているところですが、その前に、ひらがながとってもとってもやばいのです。

学校の休み時間に書いたという、非常に危険な妄想画ですが、学校が爆弾によって爆破されるというかんじのものです。学校は嫌いじゃないのですが、お勉強が嫌いなのです。その絵に描かれている文字に非常に残念な間違いがみつかりました。Img_0437 Img_0435 Img_0436

「ばかだん」と書いて「か」を消して「く」と書き直してありますが、「だいばかはく」となってしまいました。「つ」が「く」のように鏡文字になってしまってます。「校庭こうてい」も「こおてー」となっちゃいました。そのほか、「てつ」が落ちてきたり、いたるところで「だいばかはく」が行われ、校舎は壊滅的になってましたが、「こおてー」は無事でした。さすがに遊び場である「こおてー」がなくなることはないようです。

夫・カズオが帰宅してからこの妄想画を見て、「なんでこんな物騒な絵なの?」っていいながら間違いに気付き爆笑して、絵が危険というよりも、次男の文字力がもっと危険だといって、「ま~しょうがないか・・・」と複雑な表情を浮かべていました。

次男はこの絵を飾って欲しいらしいのですが、飾るには微妙なので、もう少し平和的なのができたら飾ってみたいと思います。

2009年11月13日 (金)

THIS IS IT

本日、話題の映画マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」をみて来ました。

この映画、いっぱいマイケルが喋ってるんです。もうね、マイケル愛にあふれてるんですよ、言葉の一つ一つが。踊りも多くの若く筋肉質のダンサーに囲まれながらも、マイケルのキレはピカイチで、細く繊細なマイケルの存在感がものすごく大きかったです。

50才のマイケルの踊りも声も、若い頃と遜色なく、素晴らしく、また、彼は歌詞や余韻を感じさせることも重点においていました。スタッフとステージを自ら作り上げていました。

このツアー、実際に行われていたら、世界一豪華なまさに異次元体験ができるステージだったろうなぁと感じられました。

マイケルに学びました、私。人に何かを頼むとき、「ありがとう」の心をその人に伝わるように言うと、穏やかにことが進むということを。頼まれた人は、マイケルの為に自分は何ができるか一生懸命探すんです。なんか、とても謙虚な物腰なマイケルでした。

マイケルが亡くなった時、テレビでムーンウォークをするマイケルが何度も流れました。息子達大絶叫!「すっげ~~!!なにあれ!!前に行きながら後ろに行ってるみたい!」と、全然できていない後ろ下がりを練習していました。

数百人単位で入場できる映画館ですが、平日10:20開演のこの回には30才台~50才台の主婦と思われる人種20名ほどでゆったり見られたのは良かったのですが、なんか空調さむぅ~~!!

夫・カズオに映画のことを一生懸命話したのですが、「へぇ~・・・ボク全く興味ない」ですって・・・んまっ!!なんてことでしょう!

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »