フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月16日 (日)

八王子のヒキガエル

ある月曜日、八王子に住む友人と会いました。

その友人とは、大阪に住んでいた時に出会いました。

Dscf0064

大きくなってしまった兄弟がまだこんなに小さかった頃のことです。

大阪府豊中市の服部緑地公園で毎日のように遊んでいました。

ザリガニ釣りをしたり、ブルーギル釣りをしたり、毎日充実してました。

1

長男が豊中市の幼稚園に年中さんで入園する年に友人一家が同じマンションの同じ階に引っ越してきたのです。

友人の子どもは、うちの長男より一つ上のお姉さんと、次男と同じ年の男の子でした。毎日のように遊び、一緒にご飯を食べ、お昼寝をしていました。

長男入園後3ヶ月で夫・カズオの転勤が決まり、大阪生活が終わり、神奈川へ引越しました。

友人の旦那様も少ししたら転勤が決まり、八王子に移りました。

私と友人はその後も年に1~2回会っています。

前置きが長くなりました。

その友人と、八王子の公園を散歩しながらおしゃべりをしていたのです。お互い水辺の生き物が好きなので、池や水っぽいところを選んで歩いていました。

すると・・・すると・・・なんかピョコピョコしてる。。。。

Img_0797

ん?なにがなんだか・・・よく分からないですね・・・

Img_0799

無数の上陸準備中のヒキガエルベビー達!!目が慣れるとあっちにもこっちにも!!こんな光景は初めてでした。皆からだが乾かないように、岸と陸の間の落ち葉の下などにひしめき合っていました。

そういえば、翌日は雨確実の予報でした。皆、雨とともに森へ旅たつのでしょう。

Img_0801

今までヒキガエルの産卵風景と卵やオタマがたくさんいる光景は見た頃がありますが、上陸準備中は図鑑などでしか見たことがありませんでした。

一匹でも多く大人のヒキガエルになればいいなぁと思います。

。。。。。。一番上の写真、長男が抱っこしているネコ・・・・

Photo あの写真と同じ年になったころの次男もいつも一緒におでかけしていたあのオンブネコ・・・・ぐーまさんと会ったっけなぁ~~~(2006年)

現在、このネコは押入れで次男のコレクションのぬいぐるみたちと休眠しております。

2010年5月14日 (金)

まだ寒かった!!茨城

そうだ!!茨城に行こう!とG・Wですっかり暖かくなったかと思って行ったのですが・・・・

Img_0794

肌寒い!!

つれるアメリカナマズも小さい!!

霞ヶ浦を吹き渡る風も冷たかったのです。

Img_0792

Img_0789

Img_0790

田んぼには植えて間もない稲があり、オタマジャクシはほとんどの田んぼではまだでした。カエルの鳴き声も思ったほど多くなく、あれ~~~?って感じでした。

今年は思ったより気温が上がっていないのでしょうか。

アメリカナマズ釣りは暗くなるまで粘りました。最後に余ったエサをでっかくつけて、仕掛けておき、他の道具を片付けていたときです!!びくびくびく~~~~~!!!っと大物の手ごたえ。最後の最後で50センチを超える大物アメリカナマズを手元近くまで上げたのですが、持ち上げようとしたときにブチっと糸が切れてしまい・・・・写真も撮れずに

終~~了~~~!!

肌寒くても、虫は発生しているらしく、長男のマブタと、次男のホッペに虫刺されが!!結構な腫れ具合でした。ブヨかもしれません。

もう少し暖かくなったころ、もう一度田んぼの生き物観察とアメリカナマズ(大物)釣りに挑戦をしたいと思った日曜日でした。

G・W 伊東温泉一泊旅行

5/2は義母のショッピングのお供に行きました。義父と夫と子供達は多摩川へ。本当はこの日は第二の東京見学にでもと思っていたのですが、近場でのんびり過ごしました。

5/3レンタカーを借りて午前8時過ぎに川崎を熱海方面に向け出発しました。

Img_0781

Img_0780お昼過ぎにやっと熱海の観光スポット「寛一・お宮の像」に到着しました。義母の憧れの地№2な場所です。

Img_0782

熱海の海をバックに記念を撮影をし、お昼を食べたら、宿泊先のある伊東へ向いました。道は常に混雑しておりました。

宿泊する場所に向う前、大きな道の駅があり、そこで義母が親戚やお友達にくばる「お土産お菓子」を大量購入!!おみやげ物やも大変な混雑で、店員さんもアタフタしており、宅配送料を調べるまでものすごく時間がかかりそうだったので、着払いで手配しました。

宿の温泉はとても気持ちよく、夕飯も生シラスやトビウオのお造りがでたり、豪華でした。

Img_0784

豪華な食事の写真を撮らずに、こんなふざけた写真しか撮ってないって・・・・まぁいいか

5/4朝食後すぐにチェックアウトし、混雑が予想される東京方面へ向いました。

Img_0786

伊豆スカイラインを通ったのですが、晴天なのにモヤがかかって富士山が薄っすらとしか見えません。残念でした。モヤがなければ大きな富士山が見られたことでしょう・・・

ナビを見ると、伊豆スカイラインの脇にはいくつも池が確認できます。絶対何かいますよ、その池。どうやって分け入ったらいいか密かに考えております。

5/5義父母が宮崎に帰る日が来ました。毎日観光し、毎晩子供達と一緒に寝て、疲れもピークだったと思います。予定より早い便に乗ることができ帰って行きました。

義母は「今回は観光旅行だったけど、次回は買い物旅行に」と意気込んでおります。お供しますよ!!お義母様!!

2010年5月 9日 (日)

G・W鎌倉・江ノ島観光

5/1綺麗に晴れ渡った土曜日、私の両親と夫の両親、私と子供達で鎌倉江ノ島観光に行きました。夫・カズオは出勤日でした。

  Img_0737          Img_0740      まず最初に向ったのが、鶴岡八幡宮です。暴風で倒れてしまった大銀杏の樹は、人気者でみんな上からも下からも写真を撮っていました。

Img_0744

若宮大路をとおり、一度鎌倉駅に戻り、タクシーで銭洗い弁天へ向いました。

  Img_0746         Img_0745          Img_0753                休憩所でお昼タイムにしましImg_0754た。私の母が早起きしてお弁当を作ってきてくれました。それなのに、それなのに!!次男ったら、「バァバ(←私の母のこと)、このお弁当昨日のおでんの残りをつめてきたでしょう」と生意気な口調で言い放ち、大笑いしてしまいました。そういえば、この日の朝も私に向かって「ママってさぁ毎日がゴールデンウィークだよね」と全国の専業主婦を敵に回すようなことを言い、義母が爆笑しておりました。

Img_0757

Img_0760

銭洗い弁天から徒歩で大仏様の場所に行きました。ここも混雑していました。看板に「リスにえさを与えないで下さい」とあり、え?りす?とか思ってたら、見つけちゃいました、樹の上で休む大型のリスを!

Img_0765

Img_0761

Img_0768

Img_0766_2

次に長谷寺に向いました。ここからの眺めはとっても素晴らしかったのですが、何よりすばらしいのはニホントカゲとオタマジャクシが多くいたことに私と長男のテンションは一気にUPしました。オタマはヒキガエルと、もう一種類いました。

Img_0769

Img_0774  長谷駅から江ノ電にのり江ノ島へ。

Img_0771

江ノ島は義母が憧れていた場所の一つです。既にこの日は2万歩突破しており、疲れもMAXだったので、船で岩場に渡り、少し磯遊びをして船で戻りました。それにしてもさすが観光地、どこも人で埋め尽くされています。

久しぶりに観光ブックに載っているような観光地に行った気がします。

夫の両親はおそらく、ものすごく疲れていたでしょう・・・毎晩、息子達と寝てくれて、次男の想像を絶する寝相に悩まされたでしょう・・・・でもまだまだ翌日も観光が待っているのです。

2010年5月 6日 (木)

G・W観光三昧

4/29連休の初めに、宮崎から夫の両親が来訪し、毎日観光しまくりました。

羽田空港まで車で迎えに行き、真っ先に向ったのが

Img_0729

丸子の堰でしたhappy02元漁師の義父は濁流を飛び跳ねるマルタやフィッシャーに釣り上げられたスズキをみて、「おお~~~、いいところじゃ」と言っておりました。

自宅に到着し、次に向ったのが家の裏にある森林公園です。

Img_0730

Img_0731

私の父・浩と子供達が見つけた大きな大きなスズメバチの巣を見たり、しながら散歩をしました。玄関からの眺めもよく遠くの都庁ビル群も綺麗に見えました。

4/30この日は、義父母だけで、はとバス乗車です。行き先は、帝釈天と巣鴨です。

Img_0734

アルタ前から出発です。

はとバスの日帰りツアーはどれも面白そうなラインナップで、私も乗ってみたいと思いました。

翌日は、私の父母と行く鎌倉・江ノ島ツアーです。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »