フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

お世話になっているサイト

  • きみどりさん作バナー
    かえるを守ろう!!!
  • Sanctuary of KERO!

最近のトラックバック

メモ

無料ブログはココログ

水槽の生き物達

2009年6月18日 (木)

ホウネンエビ 

今年も田植えが終わり、田んぼにはホウネンエビが湧いております。

P6160053 いつもブログを通じおせわになっている岩井渓さんとクボッチさんと一緒に探しに行きました。一つ目の田んぼには全く姿が無く、一瞬焦りましたが、もう1つの田んぼにはちゃ~んといました。

カブトエビが湧く田んぼは2年前から田んぼをやめてしまい、半分はマンションになり、あとは畑や駐車場になっていました。

Photo Photo_2 懐かしい写真がありました。カブトエビが湧く田んぼ(岩井渓さんのブログ参照)の最後の稲刈り風景を撮った写真です。

この頃毎日のように夕方田んぼの周りを散歩していたことを思い出しました。

この地点の土をクボッチさんが持ち帰り、カブトエビ発生大作戦をしています。

この田んぼの近くにももう1区画かつてカブトエビが湧いた田んぼがあったのですが、そこの土を本日、NGNが持ち帰り、早速水を張った容器に投入しました。P6170054_2 カブトエビ発生するかどうか、毎日覗くのが楽しみになります。

岩井渓さん、クボッチさん、ありがとうございました。何か大発見があったらまた報告させていただきます。

2007年7月 2日 (月)

稚魚

ポリーさんから送っていただいたヒカリダルマメダカが孵化し、アルビノが三匹でました!!一緒に孵化したアルビノではないのはムクムク大きくなっていく中、アルビノは成長の度合いが遅いです。

P6291362 もっと小さい頃は、目で追っていてもフと居なくなったりまた現れたりするような感覚でしたが、今ではしっかり確認できます。ほんとに目玉も白いんです。

P6291368 ピントが合わせられなかった!!!!セレブ宅で孵化したアカヒレの稚魚・・・体の色がメタリックなブルーっぽい線が入り、すごく綺麗なんだけど・・・腕が悪くカメラにおさめられなかった!!残念!!

もう少し大きくなったら観察ケースに入れて撮影させていただきます。

2007年3月 2日 (金)

謎の生物

部屋の光ダルマメダカの水槽を見ていたら不思議な生き物を発見しました。

ウィローモスが水流でゆれてるのかと思ったら、それは自力で動いていたのです。

取り出してみました。

P3020773 P3020774

タニシではないのです。足がありましたから。

悪さをしなければいいのですが、これがメダカの卵を食べたりしたら、徹底駆除しないとだし・・・。

ん~なんだろう??

2007年2月 8日 (木)

光ダルマメダカ

ポリーさんから頂いた光ダルマメダカです。卵をはるばる四国から昨初秋に送っていただきました。毎日卵を少しだけ見つけますが、すぐにダメになるので無精卵のようです。

はやく本格的な産卵シーズンになって欲しいです。

P2080589 P2080590 P2080592 P2080608

9ひきいますが、なかなかケースに入れての撮影はストレスがかかりそうなので、これくらいでやめておきました。

2006年9月28日 (木)

ひかりめだか

ポリーさんが送ってくだすった、光だるまめだかのたくさんの卵から9匹が孵化し現在に至ってます。部屋で過保護に育てております。

P9280064 真ん中に写っている子は多分、ダルマメダカだと思います。

体も一部がキラリと光ってますがなかなか写真には写りません。

外の普通のメダカ水槽の布袋草、今年は土植えにしてみようかとおもい、引き上げたらまだ子供だと思っていたメダカたちの卵がびっちり付いていて、つい保護してしまい、日向においておいたらポコポコ孵化してしまいました。ん~この時期孵化させたことなんて無いから、生かすことができるか心配~!!

2006年7月19日 (水)

淡水エビ比較

メダカを飼い始めたのは二年前大阪に一年だけすんでいた頃からです。公園の池でシロメダカとヒメダカをすくってきて飼いはじめました。アミに小さいエビも入ってきて同時に飼育してたところ、メスと思われるエビがお腹に卵を持っていました。それからエビにも興味が出てきて、いろんな種類も居ることがわかりました。

P7190057 このミナミヌマエビのおおもとは大阪の池のエビです。代々子孫を残しているのです。

P7190053

これは今すんでいる関東地方の大きな川の支流で採ったエビで、ミナミヌマエビとは背中の曲がり具合や目の付き方が違うと思って、別に飼っているものです。

ミナミヌマエビの生まれたての赤ちゃんは、ミナミヌマエビそのものの形をしていて、水草にくっ付いたり、水底を歩いたりしてます。

ヌカエビと思われるエビの赤ちゃんの産まれたばかりは、ふわ~ふわ~と中層を浮いているのです。そして、何かにぶつかるとその反動を利用してまた別のばしょへふわ~と行きます。淡水オンリーじゃ無理なのかなぁと思っていましたが、赤ちゃんヌカエビも結構大きくなってきてこのまま淡水で大丈夫そうです。

オタマジャクシと一緒でヌマエビの区別もあまりちゃんとつかないのです・・・。そこが悲しい・・・。

2006年7月18日 (火)

豊年エビ

P7180028 P7180029

昨年の卵から孵ったと思われる豊年エビ。

昨年ヨシノボリのエサとして、田んぼから豊年エビを採って来てあげてました。その、ヨシノボリ達も居なくなり、水槽をリセットするときに底ジャリが不要になり、水を切って乾燥させて置いたのです。すると・・・嵐のような大雨で乾燥さていた筈のジャリ容器に水がたまり、いつのまにか豊年エビ3匹が湧いていました!!!

自然の神秘!素晴らしい!!

今年の4月ごろ、昨年カブトエビが湧いた田んぼの土を培養しましたが豊年エビのみしか発生しませんでした。なんとかして、今年もカブトエビの観察をしたいマニアックな専業主婦の独り言でした。

ホトケドジョウ

Na-kiさんのブログにホトケドジョウが載っていました。

雨でどこにも行かれないので、うちのホトケドジョウも観察ケースに入れて撮ってみました。

P7180025 P7180027

横向きと正面。結構コワイ顔してますね。

ちなみに稚魚はどんなの?

Photo_55 こんな感じです。

ホトケドジョウ、池や小川を泳いでいると、ドジョウというより、何か機敏なお魚って感じです。底というより、中層を泳いでます。それも群れで。高温にはかなり弱いです。

2006年7月 4日 (火)

部屋の水槽

部屋水槽にはヒメダカ、クロメダカ、シロメダカの3色のメダカが泳いでます。そして、ミナミヌマエビが増えに増えて数え切れない!

P7040047 Photo_43

Photo_45 外の放置水槽で見つかったシマドジョウもすっかり部屋の水槽の住人になりました!綺麗な模様だ!

2006年7月 3日 (月)

プラナリア

Photo_37 水槽のガラス面を滑るように移動する憎いヤツ、プラナリア。

私はこいつとの戦いに敗れ、こいつはいろいろな水槽でのさばっています。

しかし、こいつにも敵がいます。ヌマチチブ君です。

Photo_36 このヌマチチブ君は獰猛で何でも食べます。

プラナリアを見つけ、スポイトで吸ってヌマチチブの待つ金魚鉢に入れてやると面白いほど食いついてきます。

あんな顔して人を笑わそうとしているのでしょうか?

3歳の次男はまだ日本語も片言の時期に「プラナリア」としっかり発音できました。マニアックな語彙ばっかり増えていく気がします。